TMAX530でのんびり散策記2

バビさん企画・静岡で大人の社会見学ツー(H27.6.13走行)・その1

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ
にほんブログ村

平成27年6月13日(土)、バビさんの企画で静岡県内のヤマハコミュニケーションプラザと自衛隊広報館などを巡る大人の社会見学ツーに行ってきました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

当日は中井PAに7時集合なので、6時ごろに出発。
梅雨時期ですが、今日は雨の心配がありません(^^)v
20150613-002.jpg

中井PAに着くと、既に皆さん到着されていました。
本日の参加者は、企画・先導のバビさん、そしてザッキーさんとワタクシの3名。
マロさんは、残念ながら、諸般の事情で欠席となりました。
20150613-003.jpg

バビ隊長は、まずはゆっくりと朝食です。
20150613-004.jpg

そして、軽くブリーフィングなどをした後、第1休憩所の由比PAに向けて出発!
バビ隊長は快調に飛ばしていきます
20150613-432.jpg

ザッキーさんは、序盤は控えめに走っていました。
20150613-433.jpg

20150613-022.jpg

そして由比PAでチッコ休憩。
ここには何回か来ていますが、2階にはこんな立派な展望室があったんですねぇ。知りませんでした。
20150613-032.jpg

海は霞んであまり見晴らしは良くありません。
20150613-033.jpg

ザッキーさんがスクリーンの上に取り付けたミニスクリーンを自慢解説していました。かなり防風効果はあるようです。
20150613-039.jpg

由比PAを後にして、再び西に向かいます。
20150613-040.jpg

袋井ICでOUTして、R1などを経てヤマハコミュニケーションプラザへ向かいます。
20150613-049.jpg

住宅立地のようなエリアを走ったかと思ったら、見えてきました。
20150613-053.jpg

9時40分ごろ、ヤマハコミュニケーションプラザに到着。
土曜日の開館時間は10時からなのですが、バビさんのチカラ技で10時前に入館で来ました。というのは冗談で、何かの講習会が開催されていて早めに入れました。
20150613-055.jpg

おぉ~、こりゃ素晴らしい。
20150613-056.jpg

もちろん、最新バイクも展示。跨れないのが、ちと残念です。
20150613-058.jpg

20150613-059.jpg

と思ったら、一部は跨れるバイクもありました。もちろん、跨りますよ~♪
(バビさんが、私のカメラでわざわざ撮ってくれました)
20150613-064.jpg

長身のザッキーさんが跨ると、三輪車っぽいかな~(笑)
20150613-065.jpg

それにしても、こんなに広いミュージアムだとは思っていませんでした。
20150613-127.jpg

バイクがこれだけ並ぶ光景は実に壮観ですね~。
見ても楽しめるし、写真を撮っても楽しめる空間です。
20150613-068.jpg

ついついお二人をよそにパシャリパシャリと夢中になってしまいました。
20150613-080.jpg

20150613-111.jpg

20150613-107.jpg

創業期頃のコーナーもありました。
20150613-133.jpg

20150613-098.jpg

20150613-135.jpg

そしてレクサスも展示されています。
20150613-060.jpg

素晴らしき名車の2000GTは、もう50年近く経つのに全く色あせないカッコ良さです。シビれる~。
20150613-142.jpg

あっと言う間に1時間ほど経ってしまいましたが、次の行程もあるので、ヤマハコミュニケーションプラザを後にします。

次なる見学スポットに移動します。
20150613-154.jpg

11時20分ごろ、「エアパーク航空自衛隊浜松広報館」に到着。
駐車場横に航空機がど~んと展示してあって、気分が盛り上がってきます。
20150613-156.jpg

20150613-158.jpg

早速、展示資料館へ。
20150613-159.jpg

1階は、航空機のメカニズムなどが展示されています。
20150613-160.jpg

20150613-181.jpg

20150613-175.jpg

2階は、航空機の模型やパイロットの携行品が展示されています。
20150613-184.jpg

20150613-187.jpg

戦闘機の狭いコックピットに、これだけたくさんのものを搭載しているんですね~。
20150613-188.jpg

20150613-190.jpg

続いて、一番の見所、展示格納庫です。ここには19機もの航空機が展示されています。
20150613-210.jpg

20150613-203.jpg

間近で見ると、やはり大きい!
20150613-214.jpg

輸送機の中だったかな?簡易なシートです。このシートで乗車するのは、大変そう…。
20150613-218.jpg

20150613-223.jpg

一部の展示機には着座できました。
着座したコックピットはこんな感じ。
操縦環境は狭くて快適ではないです。音速の世界をこんな環境でコントロールするのは大変だなぁ。
20150613-228.jpg

そして、係員の方がいて、撮影サービスもしてくれますよ。もちろん、お願いしました。
20150613-227.jpg

そんな様子を冷やかに遠目で見ていたザッキーさんでしたが、思わずつられて…。
20150613-231.jpg

子供のような満面の笑みです(笑)。役者やね~。
20150613-234.jpg

動揺シミュレーターもあります。これは時間が無いのでスルー。
20150613-235.jpg

さて、館内施設を楽しんだ後は航空機をバックに写真撮影ww
まずはバビさんから。おや、チビッ子たちの乱入に遭って固まっています。
でも、この後にばっちりいい写真が撮れたみたい。
20150613-242.jpg

続いて、2番手のザッキーさんもバイクを移動して撮影。
20150613-245.jpg

以上、先着2名までは係員さんの了解の下での撮影でしたが、3番手のワタクシがバイクを移動しようとしたところ、急に対応が変わり、厳しく追い払われました(笑)
たぶん、ザッキーさんが係員を怒らせる粗相をしたに違いない…

まぁ、気を取り直して、腹も空いてきたので、お目当ての餃子屋に向かいましょ♪

(写真が多くなってしまったので、その2へ続く…)

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2015/07/24(金) 22:31:56|
  2. ツーリング
  3. | トラックバック:0

北信州旅行(H27.6.7~8)・渋温泉&観光編

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ
にほんブログ村

(ハイキング編の続き…)

志賀高原から30分程度で渋温泉に到着。涼しい高原から下界に降りてきたので、あぢぃ~
温泉街の細い路地に今晩の宿「さかえや」があります。愛想のいいスタッフさんが出迎えてくれました。
20150607-290.jpg

ロビー。こじんまりとした宿です。
20150607-293.jpg

浴衣も選べます。
20150607-294.jpg

お部屋はこんな感じ。10畳+応接間です。
20150607-203.jpg

少し休憩をしたら、ちょびっとだけ温泉街をブラつきました。

渋温泉脇を流れる横湯川。
20150607-237.jpg

細い路地に宿やお店が立ち並ぶ昔ながらの温泉街です。
20150607-231.jpg

20150607-280.jpg

昭和の香り漂う風情・佇まいが妙に落ち着きます。
20150607-244.jpg

20150607-261.jpg

20150607-283.jpg

宿に戻り、館内の温泉で汗を流します(写真はHPから借用)
onsen.jpg

さっぱりしたところで夕食です。会場にきて初めて知りましたが、ここの宿は個室での食事でした。
畳の個室なので、リラックスできます。
20150607-305.jpg

お品書き。
20150607-313.jpg

食事はこんな感じ。盛り付けも目を引きます。
20150607-311.jpg

20150607-320.jpg

20150607-327.jpg

やはり個室での食事は、ちょびっと高級感が感じられるし、周囲に気兼ねなくおしゃべりもできるので、楽しい夕飯となりました。そんな雰囲気もあって、より一層美味しくいただけました。

食後は、折角の渋温泉なので、夜のお散歩と外湯入浴へ行ってみることに。
下駄を履いていざ出発。
20150607-296.jpg

20150607-339.jpg

20150607-342.jpg

まずは、ホタル鑑賞ができる公園へ。
昼間は何てことの無い小さな公園だったのですが、ビックリするほどたくさん飛んでいました。
コンデジなので写真には収めるのは難しかったのですが、雰囲気だけでも…。
20150607-265.jpg

続いては、昭和の温泉街には付き物の射的に挑戦ww
20150607-347.jpg

ワタクシも挑戦
思わず熱が入ってしまいました。
20150607-351.jpg

有名人もかなり来店しているようです。
20150607-358.jpg

続いては、外湯で最も大きな九番湯に入ります。
20150607-372.jpg

ちなみに、外湯は宿泊者に貸し出される鍵で開閉するので、宿泊者以外は入れない仕組みです。
20150607-208.jpg

九番湯の内部はこんな感じで5~6人入れば窮屈かな?
熱いので水を注ぎながら入浴します。洗い場やシャワーは一切ありません。
20150607-363.jpg

20150607-364.jpg

入浴後は熱った体を涼しい夜風で冷やします。
20150607-369.jpg

こちらは、歴史の宿金具屋です。風情があります。
20150607-374.jpg

20150607-376.jpg

飲み屋はあまり無かったようですが、お蕎麦屋さんが遅くまで開いていましたので、こういうお店では晩酌もいいかもしれません
20150607-378.jpg

ということで1日目が終了。
この日は早めに就寝しましたZzz

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そして翌朝。ゆったりと朝風呂に入った後に朝食です。
朝食メニューはこんな感じ。朝も趣向を凝らしたメニューで美味しかった~(^-^)
20150608-009.jpg

20150608-014.jpg

20150608-016.jpg

コーヒーもいただいてのんびり寛げました。
20150608-020.jpg

ところで、こちらのホテル。滞在中は、どのスタッフさんも感じが良くて誠意ある対応のスタッフさんばかりだな~と思ったものですが、旅館甲子園で優勝したみたいです。
また来たいと思わせる宿でした。珍しく、ヨメも絶賛でした。
20150608-025.jpg

さて、ホテルをチェックアウトした後は、車で10分程度の地獄谷野猿公園へ向かいます。
渋温泉からはかなり細い林道を通り、駐車場にたどり着きました。
20150608-028.jpg

そして、駐車場からは、川沿いの道をだらだらと15分程度歩きます。
20150608-030.jpg

20150608-033.jpg

途中にある渋の地獄谷噴泉。天然記念物です。
20150608-038.jpg

さらに急な階段を進むと間もなく入口です。
20150608-188.jpg

入場料500円を払って入場。
いたいた!人間どもを気にする様子も無く寛いでいます。
20150608-073.jpg

20150608-059.jpg

20150608-069.jpg

真冬は温泉に浸かる光景で有名ですが、この時期は閑散としています。
20150608-087.jpg

20150608-094.jpg

親子猿です。つぶなら瞳の赤ちゃん猿がかわいい~!子どもはまだ生まれたばかりかもしれません。
20150608-124.jpg

乳がこんなに伸びちゃって痛くないんかな?
20150608-107.jpg

波勝崎の猿に比べると、ここのお猿さんは、みんな性格的におとなしい印象です。
こんなに近寄っても怒ることもありません。
20150608-186.jpg

いやぁ~、赤ちゃん猿にはとっても癒されました。
そして、猿は行動が人間に似ているので、いつまで見てても飽きません。楽しい公苑でした。

続いては、小布施に移動し、食事とスイーツをいただきます。
20150608-234.jpg

まずは軽く観光というか、お散歩です。
20150608-195.jpg

風情のある街並みをのんびり散歩。カメラを構える人も目立ちました。
20150608-219.jpg

20150608-226.jpg

お土産屋通りも少しだけブラブラ…
20150608-204.jpg

食い意地の張ったヨメは、試食をしてしまったばかりに土産屋のおばちゃま攻撃に屈してお土産を購入…(-_-)
20150608-205.jpg

お昼は「そば処 蕎花」でおそばをいただきました。
写真を撮り忘れましたが、そばは腰がしっかりした緬で美味しかったです。長野はそばで外れが少ないのが嬉しい。
20150608-232.jpg

食後は「栗の木テラス」でスイーツタイムです。
紅茶とケーキが自慢の店のようです。
20150608-263.jpg

洋風のおしゃれな店内。ツーリングでは使いづらい雰囲気です。
20150608-247.jpg

メニューはこんな感じ。
20150608-241.jpg

20150608-240.jpg

ワタクシは、アイスレモンティとおススメのモンブランをチョイス。
レモンティも美味しかったですが、モンブランが素晴らしく美味しい
普段はモンブランを食べるほうではないので、エラそうなことはいえませんが、まるで栗を食べているようなしっかりとした味わい。間違いなく、人生№1のモンブランです。
20150608-255.jpg

さてと、これで全ての行程も終了したので、須坂長野東ICから上信越道INし、平日なので、特に渋滞することも無く帰宅となりました。

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ
にほんブログ村
  1. 2015/07/20(月) 12:01:18|
  2. family
  3. | トラックバック:0

北信州旅行(H27.6.7~8)・志賀高原ハイキング編

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ
にほんブログ村

平成27年6月7日(日)~8日(月)、息子の授業参観振替日を利用し、北信州方面へ家族旅行に行ってきました。

=============================================

梅雨時の天候は雨確率も高そうなので、直前までは予約を取らず天気予報とにらめっこ。
そして、2日前の天気予報でも旅行期間中は晴れ予報
ならば、たまには遠出して、ヨメと息子に志賀草津道路の絶景を見せ、ついでに志賀高原ハイキング&渋温泉で湯巡りなどをしようという行程で実施することにしました。

ということで、当日は5時に出発。
日曜日の早朝なので、順調に走り続け、8時30分ごろには草津温泉にたどり着きました。
志賀草津道路に入ってからは、ヨメと息子が酔わないように、バイクに道を譲りつつ、カーブもゆっくり走り、途中の展望箇所で休憩することに。
ここの駐車場です。ツーではよく写真を撮るポイントですね。
20150607-027.jpg

20150607-030.jpg

見事な快晴ね~。見晴らし抜群♪
20150607-029.jpg

20150607-028.jpg

道路を渡ると腰かけられるような場所がありましたので、ここで軽く朝メシです。
20150607-015.jpg

相変わらず、登山をしなければ見られないような素晴らしい絶景!
おにぎりがさらに美味しく感じられます。
20150607-009.jpg

20150607-017.jpg

あぁ~、バイクだと気持ちいいだろうな~。
20150607-020.jpg

休憩が終わったら再び出発。
そしてお約束の国道最高地点にも立ち寄ります。
20150607-036.jpg

今日は下界までの見通しがいい感じです。
20150607-042.jpg

20150607-034.jpg

20150607-041.jpg

続いては、県境に立つ渋峠ホテルでパシャリ。
20150607-043.jpg

その後ものんびり運転で志賀草津道路を堪能しつつ、溜池横にある総合会館98へ。
ここには広大な駐車場があるとともに、バスの発着ターミナルでもあります。
20150607-060.jpg

さて、今日は志賀高原の数あるハイキングコースの中から「池巡りコース」を歩くため、ここからバスに乗ります。
20150607-061.jpg

と言っても、バスが来るまでは30分ほどありましたので、溜池を少々お散歩します。
20150607-059.jpg

20150607-053.jpg

そして、10時27分発のバスに乗り、硯川まで行きます。所要時間は15分くらいだったかな?
20150607-068.jpg

バス停硯川で下車。こちらが乗ってきた路線バス。
20150607-071.jpg

まずは、リフト(大人1人300円)に乗って出発地点まで移動します。
20150607-072.jpg

20150607-078.jpg

ただいまの時間はちょうど11時。
さぁ、ここから志賀高原のハイキングコースのハイライトと紹介されていた「池巡りコース」を歩きます。

ちなみに、標準歩行時間は約3時間(リフト使用時)、全長約8kmと紹介されていたコースです。
登山ではなく、下り勾配が多いので、ワタクシのような運動不足のオッサンでも大丈夫だべ~ということでチャレンジしてみます。
20150607-081.jpg

5分ほど歩くと渋池に到着。
20150607-083.jpg

ここは大したことない池なので素通り。
20150607-085.jpg

ゆっくりとしたペースで歩きます。
20150607-090.jpg

しかし、日曜日だと言うのに、歩いている人が少ない…。10分に1回、人と会うといった程度です。こりゃ、熊よけ鈴が必須な感じです(途中に熊よけの鐘も設置されています)
20150607-095.jpg

溶けきれていない雪が固まっているポイントが結構ありますので、ズッコケないように慎重に歩きます。
20150607-097.jpg

11時40分ごろ、四十八池湿原に到着したところで少々休憩です。
20150607-099.jpg

少し休んだら、湿原の木道を貫けていきます。
ミズバショウですかね。
20150607-102.jpg

ここには、大小およそ60の池沼があるとのことです。
20150607-104.jpg

20150607-106.jpg

湿原は5分も歩けば終了する程度です。
20150607-110.jpg

湿原を後にして進んで行くと、雪解け水でぬかるんでいる箇所が多くなってきました。
足元が汚れないように慎重に進みます。
20150607-113.jpg

暫くは、足元も悪くて眺望も良くない区間が続きます。
20150607-114.jpg

ようやくぬかるみが無くなったら…
20150607-115.jpg

今度は、急な下り階段が続きます。これが段差があって意外と膝にきます。
20150607-118.jpg

やっと、大沼池が見えてきました。パンフレットに書かれていた通り、異様なほど鮮やかな青い池です。
20150607-120.jpg

大沼池に向けて更に歩きます。
20150607-130.jpg

そして、13時ごろ、大沼池に到着。疲れたぜぇ~
20150607-142.jpg

大沼池はさすがに近寄ると青さは無くなりますが、それでも遠くの水面は肉眼でも分かる青さ。
この沼は強酸性で青くなっており、魚類は生息していないとのことです。
20150607-143.jpg

20150607-146.jpg

それでは、ここでランチとします。
とても静かで落ち着く湖畔です。こんなロケーションで食べれば何でも美味しい~。
20150607-139.jpg

さすがにじっとしていると寒くなってきたので、食後はレストハウスに入りコーヒータイム。
20150607-135.jpg

思わず、ストーブの前に群がります。
20150607-153.jpg

さぁ、ゆったりとランチ休憩したところで、再び出発です。
20150607-157.jpg

大沼池を見下ろすようにぐるりと回るルートを歩きます。
20150607-166.jpg

上から見ると、やはり鮮やか過ぎる青です。
20150607-165.jpg

この辺が、このハイキングルートの一番の見どころでしょうか。
20150607-170.jpg

20150607-168.jpg

そして、こちらが池尻です。
20150607-180.jpg

20150607-178.jpg

ここからは歩きやすい大沼林道(砂利道。一般車通行禁止)を歩きます。
20150607-182.jpg

誰ともすれ違わないので、ラリホ~♪、ラリホ~♪と歌声を響かせながら歩きました(笑)
20150607-186.jpg

歩きやすいのですが、運動不足のオッサンには蓄積した疲れが出始めたのか?暫く足の攣りが直らず…(^-^;
20150607-187.jpg

そして、15時10分ごろ、ようやくハイキングコースの終点であるバス停大沼池入口に到着。
さぁ、ここからはバスに乗るぞ~と思ったら、バスは50分後…。
20150607-188.jpg

駐車場までは1.8kmありますが、待っているよりも歩いたほうが早く着くので、更に歩きます。
まぁ、下り勾配のアスファルトなので、ラクチンですけど。
20150607-189.jpg

途中の志賀高原スキー場の眺め。
20150607-191.jpg

そして蓮池にまで戻ってきました。レンゲツツジが綺麗です。
20150607-195.jpg

池の周りの木道を少し歩き、15時35分ごろ、ようやく起点に戻ってきました。
20150607-198.jpg

ということで、何とか歩ききった充実感とともに、総合会館98駐車場へ戻り、そこから宿泊先の渋温泉へ向かいました。
(温泉・観光編へ続く…)

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ
にほんブログ村
  1. 2015/07/13(月) 22:24:57|
  2. family
  3. | トラックバック:0

マロさん企画・茨城ツー(H27.5.30走行)午後編

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ
にほんブログ村

(午前の部の続き…)
さて、月待の滝を後にして、袋田の滝へ向かいます。

途中の久慈川でちょいと記念撮影ww
20150530-171.jpg

マロさん、とっても満足そうです。
20150530-172.jpg

では、袋田の滝へ。と言っても、かなり近いんですけどね。
20150530-176.jpg

そして、12時30分ごろ、袋田の滝到着。
川沿いの滝生屋さんの駐車場へ停めさせてもらいます(その店で飲食が必要)。
まずは、ぼんじり串をいただきます。うめぇ~。
20150530-179.jpg

つまみ食いの続きは後にするとして、とりあえず、袋田の滝見学へ。
入場料は300円です。
20150530-187.jpg

涼しいトンネルを進み、観瀑台に向かいます。
20150530-188.jpg

まずは、最初の観瀑台で滝鑑賞。
間近で見ると、ど~んと迫力の岩肌に惹きつけられます。
20150530-196.jpg

冬場に一度だけ来たことがありますが、新緑に縁どられた夏の滝もいいものです。
20150530-198.jpg

少し移動して真正面から鑑賞する観瀑台へ。
20150530-204.jpg

日本三名瀑に数えられ、高さ120メートル、幅73メートルの大きさを誇ります。
水量は少なめな印象でしたが、白糸が岩肌を撫でて行くような繊細な印象でした。
20150530-208.jpg

つり橋方面の眺め。
20150530-210.jpg

「見ごたえある滝だろ~!」というマロさん。
あれっ?ジャケットもお揃いですが、Tシャツも同じものを持っています。
20150530-227.jpg

続いては、エレベーターで50mほど高い新観瀑台へ上がります。
20150530-225.jpg

20150530-237.jpg

こちらは下の観瀑台からは見えない上部が見えます。迫力はちと欠けるかな。
20150530-229.jpg

滝鑑賞を終えた後は、再び滝生屋さんで休憩します。
20150530-238.jpg

ワタクシはドリンクとさしみこんにゃくを。
生姜醤油&ネギたっぷりのこんにゃくはうめぇ~。お替りしようかと思ってしまった。
20150530-239.jpg

さて、袋田の滝を後にして、竜神大吊橋へ向かいます。
20150530-244.jpg

14時10分ごろ竜神大吊橋到着。
いやぁ~、デカイっすね~。
橋の長さは375mあり、歩行者専用の橋としては本州一の長さということです。
20150530-247.jpg

謎のモニュメント撮影のマロさん。
20150530-256.jpg

折角なので渡ってみましょう。通行料は310円也。
20150530-266.jpg

20150530-263.jpg

20150530-267.jpg

ダム湖面からの高さは100m。眺めはこんな感じ。高くて足元がすくみます。
20150530-270.jpg

20150530-272.jpg

途中には、東京タワーのように真下が見える窓もあります。これがまたビビるんすよ。
20150530-279.jpg

そして、渡り切ったところからのビュースポット。
20150530-293.jpg

ところで、ここでは、バンジージャンプをやっているんですよ。
結構志願者が多くて、5分~10分おき位に悲鳴が聞こえてきました。
20150530003.jpg

後で調べて分かりましたが、何と1回のジャンプ代が15,000円でした。勇気と懐の大きい人が結構いるもんだな~。

駐車場へ戻り、竜神大吊橋を背景にパチリ。
20150530-305.jpg

20150530-308.jpg

さて、この後は予定は無かったんですが、まだ陽も高いので、R461を経て海岸線を目指すことに。
本日は、あまり峠道らしいルートは無かったんですが、ここはウネウネもそれなりにありました。
20150530-314.jpg

20150530-318.jpg

途中で休憩を挟みつつ、海岸線を経て、マロさんのガーミン君チョイスで海が見えそうなポイントへ。
20150530-327.jpg

着いたのは、鵜の岬なる所。
おぉ~、bery good
かなりいい感じのビューポイントですよ。
20150530-334.jpg

ちょうど夕暮れ時の斜光に照らされた鮮やかな大海原が広がっています。荒波が打ち寄せて、絵になりますね。

こちらの方は超ドヤ顔(笑)
20150530-338.jpg

散策ルートがあったので、歩いてみることにします。
20150530-339.jpg

散策ルートから眺める海は、どこを見渡してもいい眺めです。
20150530-341.jpg

20150530-347.jpg

20150530-356.jpg

カメラを向けると謎のポーズをとるお二人…
あまりの景色の良さにセンターポールが元気になるOPM♪さんです(笑)
20150530-354.jpg

と思ったら、撮影モードです。
20150530-369.jpg

20150530-374.jpg

そして、プライベートビーチのような砂浜に出ました。
20150530-388.jpg

今度は「尻合い」のポーズかな?(笑)
20150530-392.jpg

では、影のスリーショットをパチリ。昭和の青春ドラマのようだな~。
20150530-401.jpg

海岸の前に聳え立つ国民宿舎鵜の岬。どうやら超人気国民宿舎のようです。
20150530-409.jpg

スイレン池もあって豪華な施設です。
20150530-410.jpg

20150530-413.jpg

さてと、思わず綺麗な海岸を堪能することができましたが、間もなく日没なので、鵜の岬を後にします。
常磐道が近いのですが、このまま高速に入ってしまうとSAでしか食事ができなくなってしまうので、地元のラーメン屋でも寄って行こうということで、当てもなくR6を走ることに。

暫く走れど目ぼしい飲食店が見当たりません。
と思ったら、マロさんが併走する形になった出前のお兄さんに幅寄せしたかと思うと、何やらカラミはじめました。
出前のお兄ちゃんは、一言言って去ってしまいましたが、どうやらマロさんが美味しいラーメン屋を強引に問いただしていたらしいです(笑)

おかげで5kmくらい先にある紹介されたラーメン屋へ辿り着きました。
あれっ?茨城に来てまで、まさかの家系ラーメン…( ̄ー ̄)
20150530-418.jpg

でも、ここで長らく商売を続けているというのは旨い証拠だろうということで入ってみることに。
20150530-415.jpg

しおねぎとんこつラーメン(だったかな?)をチョイス。
20150530-417.jpg

これが、油控えめなマイルドな味わいの家系で旨い
こりゃ、大正解でした。

お腹がいっぱいになったところで出発し、日立南太田ICから常磐道IN。
20150530-425.jpg

途中の守谷SAで休憩。
のんびり寛いでいたら、小笠原沖で地震で震度4の揺れに遭遇。ちょっとビビリました。
20150618213923eec.jpg

守谷SAを後にして、再び常磐道へ帰路へ。
首都高に入り、OPM♪さんと流れ解散となりました。
20150530-426.jpg

マロさんとワタクシは、東名港北PAで軽く休憩。
20150530-429.jpg

そして、23時ごろ帰宅となりました。

マロさん、OPM♪さん
その節はお世話になりました!
また、ツーリングに行けることを楽しみにしていま~す(^^)/


マロさん
未知の茨城の魅力を十分に堪能できました!
いろいろと情報収集&企画していただき、ありがとうございましたm(__)m


ということで、本日の走行距離は、およそ535kmでした。

マロさんのブログ記事(午前編)(午後編
OPM♪さんのブログ記事(こちら

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ
にほんブログ村
  1. 2015/07/04(土) 20:20:28|
  2. ツーリング
  3. | トラックバック:0

プロフィール

torioです

Author:torioです
週末に無理矢理時間を作っては、スクーター(TMAX530)でツーリングを楽しんでいます。
ソロツーが多いですが、マスツーにも時折参加しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ツーリング (82)
自己紹介 (1)
バイクメンテナンス (1)
family (6)
無線 (3)
バイク用品 (11)
雑記 (5)
マイカー (4)
カメラ・写真 (1)
マジェスティS (6)
TMAX530メンテナンス (11)

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR